8月27日、毎年恒例の南入曽で電車夏まつりが開催されました。今年は午前中は用事があって、夏まつりは午後から参加。12時10分頃出発をし、本川越行き各停で新所沢へ。新所沢12時50分発の臨時・南入曽車両基地行きに乗り込みました。

(写真が多いので、サイズを小さくしています)
DSC00602DSC00531DSC00546DSC00534

DSC00700DSC00544DSC00547

休憩車両には、241Fが使われていました(1枚目)。電車とつな引きは2417F(4枚目)。床下見学には2055F(6枚目)。運転台見学には285F(7枚目)。今年は101系の活躍が多く見られましたね。

(写真が多いので、サイズを小さくしています)
DSC00556DSC00569DSC00577DSC00690

DSC00561DSC00677DSC00648DSC00698

今年もたくさんの形式が展示されました。やはり気になったのが一番右側で展示されていた271Fの存在。272の方向幕を昔の物に交換されて展示していた事には驚きました。一定の間隔で展示車両の行き先を変更し、中には珍幕も多数ありました。また271Fの隣に展示されていた295Fと共に、昔の奥武蔵のHMが前面に取り付けられ、また3011Fには、秩父線35周年のHMも途中で取り付けられました。イベント終了間際には、臨時電車の38103Fが展示車両の隣に並べられました。今年の臨時電車の30000系はHMではなく、前面窓下のグラデーションの上にスイカをイメージしたシールが貼られました。
この後は返却回送を撮影しに行きました。

DSC00748
(新所沢~入曽 2011.8.27 271F+285F+241F)

撮影されていた皆様、お疲れ様でした。